愛がなければ、どうしようもないっ!

MENU

新入社員時代のブラックな話②

 

こんちゃす  

元新入社員のラブイン愛内(@inaiinaiainai)だ。  

 

 

こいつの続きの話をしていこう

lovein-ainai.hatenablog.com

 

 

 

 

ブラックな現場

 

工期も近くなり

 

現場にいる社員はほぼ毎日泊り込みで仕事をしていた

 

わいも家が近くなったこともあり

 

気を抜くいてしまうと、今日も終電の時間があっという間に過ぎていた

 

f:id:lovein-ainai:20171015095752j:plain

 

時間も時間なので事務所に泊まることになった

 

取り敢えず飯でも買ってくるか・・・

 

先輩たちにも声をかけコンビニへ向かった
※こういう些細な気遣いは以外と大事だったりする

 

 

 

あれ?!

 

 

 

コンビニから帰ってくると

 

誰一人として仕事をしてなかった
 
むしろ、寝ている

 

 
てか、なんやねん!この寝方!!!

f:id:lovein-ainai:20171015095639j:plain

 

 

先にこっちに突っ込んでしまった(心の中で)

 

 

てか、これ泊まる意味ある?

 

 

終電までだらだら仕事して

 

泊まってまた次の日も朝から仕事の繰返し…

 

 

効率悪すぎない??

 

 

なーんて思っていても新人のわいは

 

なにも言えないでただただ言われたことを忠実にこなす会社の犬になった

f:id:lovein-ainai:20171015095431j:plain

 

もちろん残業代はみなし残業だった

 

突然の入院

 

今や日常となった事務所での生活

 

こんな生活を1年程送っただろうか

 

 

目を覚ますと病院のベットの上だった
 

f:id:lovein-ainai:20171015093902j:plain

 

 

先輩が事務所の前で倒れたわいを病院に送ってくれたらしい

 

 

過労だった

 

 

医師からもしばらく会社は休んだ方がいいと言われたが

 

 

わいがいなきゃ皆が大変になる。迷惑かけたくない

 

 

謎の正義感で退院後会社へ行くと
 
 
今まで無理させちゃってゴメンね

 

と仕事時間やら体調やらを気遣ってくれた

 

 

嬉しかった

 

 

だかこんな生活は1週間と持たなかった

 

 

気が付くとまた以前と変わらぬ事務所生活に戻っていた

 

f:id:lovein-ainai:20171015095231j:plain

 

退職を決意

 

依然と変わらず泊まり込みが続いていた

 

そんな時

 

このまま今度は死んでしまうかもしれない
 

f:id:lovein-ainai:20171015095237j:plain

 

 

頭によぎった

 

 

これまでの出来事など

 

両親や上司に相談し退職する事を決意した

 

上司から人事担当へ連絡をしてもらい

 

二日後位には面談があった
 

 

どうして辞めたいと思った?
 

 

休みが無く入院した事
泊こみの残業が全てみなし残業なこと
精神的にも肉体的にもキツイこと
 
 
をやんわりと話した

 

 

 

 

人事担当は何を思ったのか
 

 

 

休みとお金増やせばまだやれんの?

 

 

 

あ、この会社やばい…
 
 
今更ながら気が付いてしまった
 
心の中で思ったがあえて言葉にしなかった

 

 

いえ、そういうわけではなくて…
 

 

辞めてどうすんの?折角入った会社なのに世間の目も親にどう説明する気?
 

 

などのいかにもの
 
ブラック発言耳にタコができるほど聞いた
このせいかわからないが実際耳にタコができてた

 

 

何も言い返せなかった

 

 

いや違う

 

 

発言をしようとすると被せて威圧的な態度で抑えにくる

 

 

これがコイツの、ブラック企業のやり方だ

 

 

2時間程たっただろうか

 

言いたい事を言い満足したのか

 

 

後は勝手にしろ

 

 

との事だったので退職する事にした

 

 

引継ぎなども特になかったので

 

比較的スムーズに手続きをすることができきた

 

 

 

あれ?

 

 

 

こんなにあっさり辞めれたことに

 

 

ビックリしていた

 

 

別に引き留めてほしいとかそういうのでは無いが

 

 

まさかここまであっさりと辞めれるとは思わなかった

 

 

だが

 

完全に会社の犬だったことを痛感した瞬間でもあった

f:id:lovein-ainai:20171015095512j:plain

 

 

実際に退職してみると

 

周りは正社員として働いているのに

 

自分だけまともに仕事をしていない事に

 

いつしかコンプレックスを持つようになっていた

 

 

 

このコンプレックスのおかげで
 
 
良くも悪くも

 

これからのわいの人生は大きく変わっていったのだった

 

 

 
 
 
 
入社編はこちら

lovein-ainai.hatenablog.com

 

 

クビになった話はこちら

lovein-ainai.hatenablog.com