愛内のラブイン日記 2

ちゃんとしっかりやりたい

イラスト・デザインのアイディア出しを マルチタスク で行う理由

 

こんばんわ

イラスト描いてますラブイン愛内@inaiinaiainaiです。

 

「無料で貴方だけのオリジナルイラストを描きます」という最近始めた企画

ありがたい事にすでに20名以上(記事公開前も含め)の応募が来ており内5名のイラストを描きました

 

今のぺースはどんなものかというと

1日1人分のイラストを描き上げています

いや~大変ながらも、楽しく描かせていただいています!感謝です

そんなわいですが1日1人を描くと(20名だとする)単純計算で20日かかります

そのころには皆さんにこの企画忘れられるんじゃ・・・という事でイラストの描き方(生産の仕方)を変更してみました

 

 

イラスト・デザインのアイディアだしを マルチタスク で行う理由

イラスト・デザインのアイディア出し

この作業がイラストやデザインを制作するうえで一番時間のかかることだと思っています(わいの中で)

依頼者とのコミュニケーション

アイディア出しは自分1人でするのは簡単なのですが、今回の企画はきちんと依頼者とコミュニケーションを図り、依頼者が納得するようなアイディアを出すという気持ちで臨んでいます

 

この企画でイラストを描いてきて依頼者(1人)にメールを送って開いている時間で、アイディアを出して、また依頼者に確認取って、依頼者のアイディアを聞いて描いて確認して・・・1日1人描く!確かにそれでも良いと思います

ですが、依頼者は社会人です、仕事の合間にわざわざメールの返信をして下さっています。返信が欲しい時に来ない、次の日に来るなんてこともあります

 

今考えると少々無駄のある作業をしていました

イラスト・デザインのアイディアだしは マルチタスク で行う

先程の作業をマルチタスクで行いました

わいが同時に連絡を取りながらイラストをデザインしているのは3名です

(これ以上増えると頭がパンクしてしまいます・・・)

 

パンクするくらいならなぜ、マルチタスクで作業を行うのか?

生産性の向上

よく耳にするのが「マルチタスクで作業すると生産性が下がる」という言葉

本当にそうでしょうか?確かに世の中のあらゆる作業の中には生産性が下がる分野もあるでしょう

では、イラストやデザインはどうでしょう?

わいの場合ですと、格段に生産性が上がりました(個人の能力、感覚にもよりますが)

なぜ上がったのかというと、まずは複数人を連絡を取ることです

先程も書きましたが1日1人ですと相手の都合に合わせて作業を行って行かなければなりません

しかし、複数人と連絡を取ることにより、誰かからは返信が来るようになり待ち時間の短縮になります

ここでも効率よく作業へ取り掛かることが出来ます

 

生産性が下がるというのはあくまで1日単位なら複数に手をかけているので下がると思いますが

トータルで見ると、単純計算で3人描くのに3日かかる所、2日で作業を終えることが出来ましたこのままいけば1週間で20名かけちゃう?!(それは無い)

これは、生産性の向上だと思います

視野が広くなる

本来の目的とは別の作業している時ってたまに「アッ💡」と閃くことってありませんか?

わいはあります。ですが1つの事に集中しているとその事には中々気付かないんですよね

視野が狭いというかなんというか・・・

長時間イラスト制作しているとぶっちゃけ飽きます。飽きるという表現が正しいのかはわかりませんがビックリするほどやる気がなくなる時があります

ですが、今3枚同時進行でイラストを制作していますが、1枚のイラストに飽きたら2枚目のイラストへ手を付けて心機一転、飽きたら3枚目・・・という風に効率良く作業を行う事が出来ます

そして、1枚目に戻ると、あら不思議!今まで1枚目を描いている時には気付かなかった視点で見れていることに。そうです。視野が広くなります

それと、他のイラストを描いている時に先程も言った「アッ💡」と閃き、アイディアが浮かんでくることもあります

 

物事を冷静に客観的に判断することも可能になってきます。まあ最終的には依頼者に判断してもらうんだけどね

まとめ

 

マルチタスクで作業することで、様々な視点で物事を見ることが出来ます

ですが、マルチタスク過ぎると(語彙力)もういいや!と無気力になってしまうことも・・・

 

私の尊敬しているこの人がこのやり方だから私もこのやり方!とか無理にマネしなくていいんです

自分に合った方法を見つける事が一番大事なのです

 

 

正解なんて、どこにもないんですよ